介護業界では、十分に人手が足りている施設はほとんどなく、少しでも人手不足を解消しようと採用活動を積極的に行っています。しかし、現場による人手の充足度の差が大きくなっている点は、知っておかなければなりません。【詳細・・・介護業界の今を知る

転職するときに人手不足になっていて、採用してもらいやすい施設を選んだ結果として、再度転職しなければならないと考える人も少なくありません。確かに、人手が足りていない現場は採用基準が低めになっていることが多く、他の職場では採用してもらえなかった人も転職しやすい傾向があります。しかし、現場に出てみると、仕事が忙しくなりやすく、想定していた以上にシフトを入れなければいけなかったり、残業が連日のように続いたりしてしまうことがあるのです。

余裕を持って働けるようになりたいという気持ちがあるのなら、人手が適度に足りている現場を選ぶのが重要になります。正社員もパートもある程度の人数が集まっていて、規模に比べて十分という施設からの募集があったら応募してみるといいでしょう。しかし、このような求人は、競争になりやすいので転職が難しい場合もあります。大抵は、現場の仕事のプロトコルがしっかりとしていて働きやすく、福利厚生も充実していてキャリアアップも私生活の充実も図りやすいからです。

転職をするときには、このような職場を選ぶように心がけると、仕事に追われてしまうような事態を避けやすくなります。安易に転職しやすい職場を選んでしまわないのが、大事なのです。

 © 2020 - 人手不足の解消を目指して